大ヒットを記録した「LEGO(R) ムービー」の一場面(C)2012 The LEGO Group. All rights reserved.

写真拡大

米ワーナー・ブラザースが、人気玩具「レゴ」を題材にした3Dアニメ映画「LEGO(R) ムービー」の新作3本の全米公開日を発表した。

バットマンを主人公にしたスピンオフ「The Lego Batman Movie(仮題)」は2017年2月10日、ニンジャゴーたちを主人公としたスピンオフ「Ninjago(原題)」は17年9月22日、「LEGO(R) ムービー」続編「The Lego Movie Sequel(原題)」は18年5月18日に全米公開される。当初は、ニンジャゴー版がいちばん最初に公開される予定だったが、今回の発表でバットマン版が先にリリースされることが明らかになった。

14年2月7日に全米公開された前作「LEGO(R) ムービー」は、世界興行収入4億6870万ドルの大ヒットを記録し、続編&スピンオフの製作が次々と決定した。

なお、「LEGO(R) ムービー」シリーズは上記の新作3本のほかに、スピンオフ「The Billion Brick Race(原題)」の製作も決まっている。こちらの公開時期は未定。

■関連記事
【インタビュー】LEGO(R) ムービー
【映画評論】LEGO(R) ムービー
ワーナー製作の映画版「ザ・フラッシュ」脚本は「LEGO(R) ムービー」監督コンビ
「LEGO(R) ムービー」スピンオフに、ジェイソン・シーゲルと「アイアンマン3」脚本家
「LEGO(R) ムービー」続編の監督が決定