『エージェント・オブ・シールド』

写真拡大

大ヒット映画『アベンジャーズ』後の世界を描くアクションドラマとして、米ABCでシーズン2が放送中の『エージェント・オブ・シールド』。そのスピンオフとして計画中とされるTVシリーズの主役について、The Hollywood Reporterなどが報じた。

【関連記事】『Marvel's Agents of S.H.I.E.L.D.』シーズン開始後の途中報告&速報!!

(以下、『エージェント・オブ・シールド』シーズン2のネタばれを含みますので、ご注意ください)

この報道によると、主役に指名されたのは、本家ドラマ『エージェント〜』に現在出演中の、エイドリアンヌ・パリッキとニック・ブラッドだという。

エイドリアンヌが演じているのは、"モッキンバード"(本名:ボビー・モース)と呼ばれるシールドの敏腕エージェント。2本のバトンを用いた格闘技を得意としている。一方、英国出身の俳優ニックが演じているのは、射撃の名手で傭兵のランス・ハンター。シーズン2からコールソン捜査官のチームに配属された二人は元夫婦という設定で、私情を押さえつつ任務に取り組む姿がファンの人気を呼んでいる。

スピンオフの設定は、今シーズン終盤のストーリーによって基礎が固まる模様。『エージェント〜』の製作総指揮者ジェフリー・ベルと、脚本家のポール・ズビゼウスキーが企画を進めていると伝えられている。

ABCとマーベルはこのほか、アカデミー作品賞などを受賞した映画『それでも夜は明ける』で、脚本・製作総指揮を担当したジョン・リドリーを起用し、スーパーヒーローが主人公のTVシリーズを企画しているとのことだが、詳細はわかっていない。

以上の報道について、ABCとマーベルはコメントを控えている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・【ネタばれ】『エージェント・オブ・シールド』スピンオフの主役が早くも決定?『エージェント・オブ・シールド』スピンオフの企画が進行中!?エイドリアンヌ・パリッキ、『エージェント・オブ・シールド』でレギュラー出演に昇格