マイケル・マン監督Photo by Tommaso Boddi/WireImage/Getty Images

写真拡大

マイケル・マン監督が、伊自動車会社フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリの伝記映画を企画中だと米バラエティが報じた。

ブロック・イェイツが1991年に発表した評伝「エンツォ・フェラーリ 跳ね馬の肖像(原題:Enzo Ferrari: The Man, the Cars, the Races)」の映画化。「ミニミニ大作戦」の脚本家トロイ・ケネディ・マーティンと、「ザ・ファーム 法律事務所」の脚本家デビッド・レイフィールが、それぞれ同書を下敷きに執筆した2つの脚本を融合させた内容になるという。

現在、マン監督と、米ロサンゼルスのチェッキ・ゴーリ・メディアが出資者に話をしているところで、2016年の撮影開始を目指している。ちなみに、先日伊イル・メッサジェーロ紙が報じた、ロバート・デ・ニーロがエンツォ役で主演するという伝記映画とは別の企画となる。キャストは未定。

なお、マン監督の「パブリック・エネミーズ」以来5年ぶりとなる新作で、クリス・ヘムズワースを主演に迎えたサスペンス映画「ブラックハット」は、5月8日から日本公開される。

■関連記事
マイケル・マン監督5年ぶりの最新作「ブラックハット」5月8日公開決定
マイケル・マン監督&クリス・ヘムズワース主演の新作、全米公開日が決定
「JIMI:栄光への軌跡」アンドレ・ベンジャミン&ジョン・リドリー監督が語るジミヘンとの出会い
コリン・ファース&レイチェル・ワイズ、実在の「洋上の失踪事件」映画化で共演
「マイケル・キートン主演、マクドナルド創業者の伝記映画がゴーサイン