ネイサン・フィリオン

写真拡大

現在米ABCでシーズン7が放送中の大ヒットシリーズ『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き』。本シリーズで人気推理小説家の主人公キャッスルを演じるネイサン・フィリオンが、出演契約を更新したと米Deadlineなどが伝えた。

【関連記事】【お先見】『キャッスル』『ブラックリスト』...アメリカの人気ドラマは、「日本人のミステリアスな魅力」がお好き。

主演のネイサンの契約更新により、これで新シーズンとなるシーズン8の製作は、ほぼ確定したと言えるようだ。同サイトによると、ベケット役のスタナ・カティックは契約更新の交渉を行っている最中だという。

また、本シリーズでは、昨年6月にショーランナーに就任し、アンドリュー・W・マーロウに代わってシーズン7で脚本家たちの指揮を取っていたデヴィッド・アマンの降板が決定しているため、番組は再び新たなショーランナーを探しているところ。マーロウに関しては、非公式の共同ショーランナーとしてシーズン7でも本作の製作に深くたずさわっていたが、シーズン8以降は不明とのこと。

『キャッスル』シーズン7のフィナーレは5月11日にABCでオンエアされる予定。なお、このシーズン7にはシンガーソングライターのカーリー・レイ・ジェプセンがゲスト出演することが伝えられている。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・米ABCが『キャッスル』のスピンオフ、パイロット版を製作へ!『キャッスル』シーズン5、DVD&オンデマンド配信決定!【ネタばれ】『キャッスル』70年代を再現したエピソードを放映!