映画の不穏な空気を表現した日本版ポスター(C)2015 Summit Entertainment, LLC.All Rights Reserved.

写真拡大

2009年版「このミステリーがすごい!」海外編で1位を獲得したトム・ロブ・スミスのミステリー小説「チャイルド44」を、名匠リドリー・スコット製作で映画化した「チャイルド44 森に消えた子供たち」の日本版ポスターが公開された。

1953年、スターリン政権下のソ連で子どもを狙った連続殺人事件が発生。子どもたちは、全裸で胃が摘出された変死体となって発見されるが、「殺人は国家が掲げる思想に反する」ことから、すべて事故として処理されてしまう。秘密警察の捜査官レオ(トム・ハーディ)は親友の息子の死をきっかけに事件解明に乗り出すが、捜査が進むうちに追われる身となり、妻ライーサ(ノオミ・ラパス)も不当な容疑をかけられる。

「真実は歪められる。犯罪も、愛さえも」というキャッチコピーが記載されたポスターは、本作に漂う不穏な空気を印象的に表現したビジュアル。国家権力によって真実が容易にねじ曲げられる設定を暗示するかのような歪曲した線の枠内には、国家への忠誠を捨ててでも事件の真相に迫ろうとするレオや、レオの捜査に協力する謎の警察署長ネステロフ将軍(ゲイリー・オールドマン)らが意味深長に配置されている。

トム・ロブ・スミスは「『チャイルド44』は実話がベースで、実在の刑事が事件を解決した話です。犯罪のストーリーを通して、ソ連という社会を描いていきました」と明かす。さらに「推理小説とは舞台となる社会を深く掘り下げていくもので、捜査の描写を通じて、その国や文化を知っていけるものだと思っています。映画化にあたってそうした部分を深く理解してくれていたと思います。本当に素晴らしいのはキャストたちでした。脇役も含め全員、役作りがよかったです」と語っている。

「チャイルド44 森に消えた子供たち」は7月3日より全国順次公開。

■関連記事
T・ハーディが児童連続殺人事件を追う R・スコット製作「チャイルド44」7月公開
【作品情報】「チャイルド44 森に消えた子供たち」
トム・ハーディがひとり芝居に挑む「オン・ザ・ハイウェイ」 不穏な電話に追い詰められる予告編公開
「マッドマックス」は全4部作に トム・ハーディが明かす
トム・ハーディ主演「チャイルド44」原作者の最新小説が映画化へ