2015年に公開された全作品中で最高のスタートとなった『ドラゴンボールZ 復活の「F」』/[c]バードスタジオ/集英社 [c]「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

写真拡大

GWシーズンに向けて活況を見せた4月18日・19日の興収ランキング。大人気シリーズの最新作4本が、初登場で上位を独占する結果となったが、今回トップに輝いたのは『ドラゴンボールZ 復活の「F」』だった。

【写真を見る】最終興収50億円超えも見込まれる大ヒットスタート/[c]バードスタジオ/集英社 [c]「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会

原作者の鳥山明が初めて脚本を手がけたことでも大きな注目を集めていた本作。土日2日間での成績は動員71万5727人、興収9億6058万6350円を記録。これは2015年公開作品の中でも最高のスタートだ。

全国653スクリーンで公開されており、最終興収29.9億円だった前作『ドラゴンボールZ 神と神』(13)の全国312スクリーンと比べても倍以上の規模。2日間の成績で比べると動員比127.4%、興収比140.3%となったため、今回は最終興収50億円超えも見込まれる。

続く2位には劇場版シリーズ19作目となる『名探偵コナン 業火の向日葵』がランクイン。全国349スクリーンで公開され、土日2日間で動員68万8623人、興収8億7476万2300円を記録した。シリーズ最高の興収41.1億円を記録した前作『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』との比較では動員比105.9%、興収比110.8%で、こちらも前作を上回る記録が見込まれている。

3位にランクインしたのは、シリーズの第7弾となる『ワイルド・スピード SKY MISSION』。全国640スクリーンで公開され、記録は土日2日間で動員38万5429人、興収5億4834万7100円。シリーズのオールスターキャストに加え、最強の敵役としてジェイソン・ステイサムが参戦したほか、本作の撮影期間中に事故で亡くなったポール・ウォーカーの最後の勇姿が見られるとあって、こちらもまだまだ客足を伸ばしそうだ。

4位は劇場版シリーズ第23弾の『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』。全国339スクリーンで公開され、土日2日間で興収3億8940万5800円を記録した。

大ヒットシリーズが着実に成績を残した4月18日・19日の興収ランキング。GW本番となる翌週はここに『シンデレラ』や『寄生獣 完結編』、『王妃の館』といった大作が食い込んでくることが予想されるため、ランキングはますます混戦になりそうだ。【トライワークス】