観劇中に携帯をいじっていたというマドンナ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

2年前、映画鑑賞マナーがひどすぎるとしてマドンナが米国の映画館チェーンから立ち入り禁止処分にされたことがあった。だが、どうやら懲りずに今でもまったく同じことをしているようで、今度はブロードウェイでミュージカル鑑賞をしている時にひっきりなしに携帯メールを送っていたとして批判されている。

【写真を見る】マドンナは以前も鑑賞マナーが悪く、映画館から出禁をくらっている/写真:SPLASH/アフロ

ニューヨーク・デイリー・ニュースによれば、マドンナは4月18日にニューヨークでヒップホップ・ミュージカル「Hamilton」を見ていたそうだが、第2幕になると携帯でメールを打ち始め、終わるまでずっとその状態だったそうだ。

同作の脚本・作曲を担当し、主演も務めているリン・マニュエル・ミランダは、公演後にステージに立ってチャリティへの募金を呼びかけた際、公演中に携帯メールばかり送っていた観客が1人いたが、その観客は大金を募金することができる立場の人だと嫌味を言っていたらしい。

その晩、リン・マニュエル・ミランダは「今日、僕は初めて、あるセレブリティをバックステージに入れないでくれと依頼した(その人は第2幕の間ずっと携帯メールを送っていた)」とツイートしていたが、その後ツイートを削除したようだ。

4月18日はオバマ大統領夫人も昼の部の公演を見に来ていたそうだが、彼女は完璧な鑑賞マナーだったそうで、公演後にリン・マニュエル・ミランダから感謝されていたという。【UK在住/ブレイディみかこ】