4月特集 春競馬、クライマックス(14)

2015年クラシック候補たち
第9回:ミッキークイーン

 牝馬、牡馬ともに、一冠目となるレースを終えた3歳春のクラシックだが、すでに二冠目に向けての戦いは始まっている。牝馬ならGIオークス(5月24日/東京・芝2400m)、牡馬ならGI日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)を目指して、有力3歳馬たちが入念に準備を重ねている。

 その中には、一冠目のレースには出走できず、いわば"別路線"から二冠目に参戦してくる馬もいる。栗東トレーニングセンター(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属するミッキークイーン(牝3歳/父ディープインパクト)は、その一頭だ。

 ミッキークイーンは、デビュー2戦目で勝利を飾ると、GIIIクイーンC(2月14日/東京・芝1600m)に出走。後方から追い込んで2着に食い込んだ。その競馬ぶりから、素質の高さは十分に感じられたが、同レースで馬体重を大幅に減らしていた(−20kg減)。その影響もあって、牝馬の一冠目となるGI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)には、"直行"で向かうことを選択した。

 しかし、獲得賞金が少なかったミッキークイーンは抽選対象となって、不運にも3分の2枠の抽選に外れ、桜花賞除外という憂き目にあってしまったのである。これにより、ミッキークイーンは、桜花賞当日に行なわれた忘れな草賞(阪神・芝2000m)に回ることとなった。

 そんな経緯で出走したこのレースで、ミッキークイーンは直線で後方から力強く伸びて快勝。桜花賞への出走は叶わなかったが、次なるオークスへ向けて、貴重な白星を手にした。

 ミッキークイーンの陣営も、「忘れな草賞の走りには、大きな収穫があった」と手応えをつかんでいるという。関西競馬専門誌のトラックマンが語る。

「勝って賞金を加算できたのはもちろん、距離延長に対応してくれたことも、陣営にとっては大きかったようです。忘れな草賞の走りを見て、『これなら、オークスの2400mもまったく問題ない』と、自信を深めていました。現在は、一旦放牧に出ていて、オークスの2週間前にトレセンに戻して調整を進める予定。次の大一番には、万全の態勢で臨めそうです」

 オークスに向けて、希望が膨らむミッキークイーン。だが、気になる点もある。それは、クイーンCの際に大きく減らした馬体重だ。オークスの舞台は、そのときと同じ東京競馬場で、再び長距離輸送を強いられる。そこで、またも馬体重を減らしてしまう心配はないのだろうか。

 この点についても、陣営はそこまで悲観的になっていないという。先述のトラックマンが続ける。

「陣営によると、クイーンCの馬体重は、東京への輸送で減ったわけではないらしいんです。もともとミッキークイーンは食いが細く、輸送をする前の時点ですでに細くなっていたようなんですね。ただ、最近は飼葉(かいば。馬の飼料のこと)の配合を替えたり、与えるタイミングを工夫したりして、しっかり食べるようになってきたとのこと。だから逆に、陣営は『オークスでは少し馬体を増やして出たい』と言っているくらいです」

 もともと素質の高さには定評があったミッキークイーン。ここまで4戦2勝(2着2回)という安定したキャリアを残してきた。それも、馬場が悪かったり、出遅れたりと、常にタフな条件で、決してベストの走りができていない中でのものだ。快勝した忘れな草賞も、良馬場とはいえ、水分を含んだ馬場状態だった。

 ゆえに、陣営は「まだまだ伸びしろがある」と見ていて、オークスへの期待も増しているようだ。実際、体調管理がうまくいって、パンパンの良馬場でレースが行なわれれば、さらにパフォーマンスを上げられるはずだ。

 人気の実力馬がことごとく馬群に沈んだ桜花賞。今や3歳牝馬路線は"主役"不在となった。桜花賞に出られなかった悔しさを秘めるミッキークイーンが、オークスでその役割を果たし、"樫の女王(※)"に輝いてもおかしくない。
※オークスの勝ち馬のこと。

河合力●文 text by Kawai Chikara