予告編でも“アイルビーバック!”と言い残すシュワ型ターミネーター/[c]2014 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

1984年の誕生以来、空前の大ヒットとなったSF映画の金字塔『ターミネーター』シリーズの最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(7月11日公開)。待ちに待った最新予告映像が本日解禁され、衝撃のストーリーが明らかになった。

【写真を見る】新旧シュワ型ターミネーターが対決!/[c]2014 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

2029年、人工知能の反乱により、人類は滅亡の危機にあった。人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーは、敵が母サラ・コナーを抹殺するため殺人マシン“ターミネーター”を過去に送り込んだことを知り、サラの命を守るために信頼できる同志カイル・リースを1984年の過去へと送り込む。

しかしそこに待ち受けていたのは、たくましい女性戦士に変身していたサラと彼女の守護神となっていたT-800型ターミネーターだった。すでに、すべてのタイムラインがリセットされ、過去と未来は完全に書き換えられていたのだ。

液体金属型ターミネーターT-1000との壮絶な戦い、サラとT-800型ターミネーターに立ちはだかる謎の新型ターミネーター、人類の救世主となるはずのジョンの体に現れる驚異の変化、そして新旧T-800型ターミネーター同士の過去と未来の時空を超えた驚愕の対決。

人工知能“ジェニシス”の起動が迫るなか、人類滅亡「審判の日」へのカウントダウンは始まろうとしていた。あの名台詞「アイルビーバック」と言い残してT-800型ターミネーターが向かった先に現れる、史上最強の新型ターミネーターの正体とは?

解禁された最新映像には多くの謎が残っている。まず、なぜ新旧シュワ型ターミネーターが直接対決するのか?本作には、白髪のシュワ型ターミネーターも登場。タイムラインは一体どうなっているのだろうか?

さらに、殺人マシンとして送り込まれたT-800型ターミネーターはなぜサラの守護神となったのか?未来から来たカイルに「私たちはずっとあなたを待っていた」と告げるサラ。共に戦うサラとT-800型ターミネーターは、カイルが未来から来ることを知っていたのだろうか?

また、息子ジョンとまさかの再会を果たしたサラは、「ジョン?どうしてここに?」 と驚きを隠せない様子。ジョンも未来から過去へやって来たのか?そして、燃えさかる炎から姿を変えながら不気味に現れる史上最強の新型ターミネーターの正体とは?

T-800型ターミネーターは人類の救世主なのか、それとも殺人マシンなのか。新たなストーリーが気になる!【Movie Walker】