松田翔太、美女に囲まれタジタジ!?

写真拡大

乾くるみの同名小説を映画化した『イニシエーション・ラブ』(5月23日公開)の完成披露試写会が4月20日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、松田翔太、前田敦子、木村文乃、三浦貴大、前野朋哉、堤幸彦監督が登壇。

【写真を見る】前田敦子はキュートな花柄ワンピース姿で登場

前田と木村演じる二人の女性の狭間で揺れる男を演じた松田が、二股をかけるのは「うーん、仕方ないのかな」とコメント。両脇に前田と木村がいるなか、タジタジになって答える姿に会場からも笑いがあがった。

松田演じる鈴木が二股をかけるのは、静岡に住む学生時代からの彼女(前田)と、上京して新たに出会う都会的な女性(木村)。松田は「今は静岡まで行くのが簡単かもしれないけれど、当時は片道5時間かかったりする」「電話しかない」と劇中の設定である80年代の恋愛事情に言及。

「東京に上京した鈴木としては仕方がないし、後ろめたさもありながら…。とにかく鈴木は、誠実に自分の気持ちと戦っていたと思う」と弁明していた。

静岡編と東京編で構成される本作。静岡編のみに登場する前田は、先に撮影を終了。東京編の撮影現場には見学に来ていたそう。

松田は「僕は浮気中だったので、すっごい気まずかったですね。気になりました」と前田が見守る中での撮影を振り返り、苦笑い。前田が「行かない方がよかったですかね?」と慌てると、松田は「いやいや!」と必死に否定していた。

また、“プレゼント”が印象的なアイテムとして登場することにちなんで、「思い出のプレゼント」について聞かれた一同。松田は「バレンタインデーですね」と中学時代を述懐し、「チョコレートをいただきまして、チョコレートの中に梅干しが入っていたんです」と衝撃のチョコだったことを告白。

なんでも、送り主が「しょっぱいものと甘いものを一緒に食べるのが大人な感じ」と考えた結果だったそうで、松田が「いわゆるカリカリ梅が入っていた。相当考え過ぎちゃったのかな」と話すと、前田も「うわー!」と驚きを隠せなかった。

原作は、小説ならではの巧妙な仕掛けゆえ、「映像化不可能」といわれた累計発行部数150万部を突破する衝撃のベストセラー。1980年代後半の静岡と東京を舞台に、合コンで出会った男女の恋の行方が綴られる。【取材・文/成田おり枝】