〆に食べたいブラックカレーは高級洋食のDNA入り!

写真拡大

旬香亭

斉藤元志郎シェフの右腕として長年『旬香亭』を支えてきた古賀達彦シェフ。

隠れ家レストランでおまかせを中心にしてきた赤坂とは一転、昨年11月にオープンしたこちらでは広々した店内でメニューを広げ、組み合わせを考えるのも楽しい。

「間口は広がったと思いますよ。地元のお客様がふらりと、というのも赤坂ではまずなかったことですから」と、古賀シェフ。

とはいえ、減圧加熱で真空状態にできるガストロバックを使って野菜をシャキッとさせたサラダや熟成肉のステーキ、季節のフルーツを使ったかき氷など、メニューからは“ただ者ではない”感がひしひしと伝わってくる。

食に興味がある人にも定番洋食のファンにも楽しすぎるラインナップだ。

「斉藤シェフと一緒にやってきたマニアックなことをいろんな人に知ってもらうお店になりましたね。新しい食材や技法を取り入れつつ、伝統的な洋食を作るのが『旬香亭』らしさ。そこを楽しんでもらいたいです」