坊主姿で現れたゼイン・マリク/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

3月25日にワン・ダイレクションを脱退することを発表してファンに衝撃を与えたゼイン・マリクが、17日、初めて公の場に姿を現したが、その姿にファンがまたもや大きな衝撃を受けているという。

【写真を見る】母親と一緒に登場/写真:SPLASH/アフロ

アジアン・アワードを受賞したゼインは、黒いスーツにネクタイ姿で母親と登場。レッドカーペットを歩いたが、なんと坊主頭になっていた。

デイリー・メール紙によれば、「本人にとっては心機一転といったところだろうが、以前の豊かな黒いウェービーヘアが好きだったファンはかなりショックを受けたようで、悲鳴にも似た声がツイッター上にあふれている」という。

「なんで、あの美しい髪の毛を切っちゃったの?」「ゼインの美しいヘアはどうしちゃったの?」「私たちはあなたの美しいヘアスタイルを一生忘れないでしょう」「お願いだから、実際にカットはしていなくて、あまりに素晴らしいフォトショップ加工だと言って」

「私たちをうっとりさせてくれたウェービーヘアではなく、刈り込んだ頭になってしまった」といったように、ファンはただただ驚くばかりで、脱退に続いてダブルショックを受けているようだ。【NY在住/JUNKO】