『極道大戦争』の三池崇史監督と主演の市原隼人

写真拡大

三池崇史がプレゼンターを務めるイベント「三池崇史監督presents 大人だけの空間」で、三池監督作『極道大戦争』のトークショー付きプレミア試写会が、4月20日にビルボードライブ東京で開催。

【写真を見る】市原隼人と三池崇史のファッションをチェック

三池監督と、主演の市原隼人が舞台挨拶に登壇した。市原は本作について「ぶっとんだ映画でした。こんな経験、人生で初めてでした」と笑顔を見せた。

『極道大戦争』は、噛みつかれてヤクザ化した人々が壮絶な戦いを繰り広げるという奇想天外なアクション映画。三池監督は「ロボットレストランで飲んでいたところから始まった話なんです。幸運なことに、日活のプロデューサーがいて、キラっと目が光り、これはいけると。みなさん、日活をなめてかかると火傷します」と笑いを取った。

市原は、脚本を読んだ時の感想について「何も想像できなかった。カエルは出てくるわ、カッパは出てくるわ、極道の世界だし。でも、何か壊れるものができるんじゃないかと思って」と振り返った。

三池は「俺も全く想像できなかった。でも、市原隼人がやるかもしれないとなって、それから加速していった。見て、これどうよと思っても、全部の責任は市原さんにある。市原隼人のせいです」と言って、笑いをとった。

最後に三池監督は「できれば子どもの頃に返って、良いところを楽しむというふうに観ていただかないと大変なことになるかもしれない」と自虐的にアピール。市原は「いろんなキャラクターが出てくるんですが、僕は2時間、笑いっぱなしでした。いろんな観点から楽しんでいただけたらと」と締めくくった。【取材・文/山崎伸子】