■4月特集 春競馬、クライマックス(13)

プロ棋士として活躍する渡辺明氏(30歳)は、弱冠20歳で『竜王』のタイトルを獲得。その後も、数々のタイトルを手にしてきた将棋界の"若きエース"である。そんな渡辺氏は、大の競馬好き。そこで今回、「競馬は生活の一部」とまで言う渡辺氏に、思い出に残る"春のクラシック"について語ってもらった――。

 春のクラシックシーズンに突入しましたね。今や、未勝利戦も、GI戦も、すべて同じスタイルで馬券を楽しむ僕としては、特別心躍ることはないのですが、かつてはクラシックとなれば、競馬場によく足を運んでいました。それだけに、春のクラシックにはいろいろな思い出があります。

 例えば、スペシャルウィークが制した1998年の日本ダービー(東京・芝2400m)。僕が、初めて見たダービーです。このレースで、武豊騎手がついに念願のダービータイトルを手にするのですが、「あんなに有名ですごいジョッキーでも、なかなか勝てないレースがあるんだな」という気持ちで見ていました。

 その武豊騎手も、今となっては、ダービー通算5勝。キズナで制した2013年のダービーは、まだ記憶に新しいところですよね。実は、このレースこそ、僕にとっては忘れることのできない"痛恨のダービー"なんです。今思い出しても、悔しさが込み上げてきます。あくまでも「自分の馬券が外れた」という意味で、ですが......。

 僕は普段、競馬開催日には1レースから最終レースまで、余程のことがない限り、すべてのレースで馬券を購入します。それも、全競馬場のレースを買うので、3つの競馬場で同時開催する日は大変です。大して検討する間もなく、すぐに次のレースが始まってしまいますからね。

 そんな自分の馬券スタイルは、どちらかと言えば「本命党」です。将棋もそうなのですが、過去のデータなどを重視して、理詰めで結論を見出していくタイプなので、どうしても上位人気の馬で勝負することになります。具体的には、単勝オッズが6倍前後で、複勝オッズが2倍前後つく馬を買うことが多いですね。

 ところが、2013年のダービーは違いました。いつもなら手を出す、自分が得意とする"ゾーン"の人気馬たちに、不安材料が多かったんです。1番人気のキズナは、あまりに切れ味がすごいので、「2400mに距離が延びて、タフなレースになるのは、マイナスではないか」と思いました。皐月賞を勝ったロゴタイプも、血統的に距離延長には不安を抱えていましたし、同2着のエピファネイアは、折り合い面で課題がありました。

 そこで思い切って、13番人気のペプチドアマゾンを本命に据えました。キズナの2着に好走した前走の京都新聞杯(京都・芝2200m)では、速い流れを積極的に動いて2着に粘り込み。その競馬ぶりから、2400mへの距離延長がプラスに働くと見たんです。

 また、このときは、あるスポーツ新聞に自分のダービーの予想を掲載することになっていました。それで、あまり自信のないレースでしたから、堅い予想を載せるよりは、穴馬を推したほうが「紙面が映えるだろう」という考えもあって、滅多にやらない大穴狙いを試みたわけです。

 レース前に購入した馬券は、ペプチドアマゾンの複勝と、人気馬に流した三連複と三連単。「なんとか、3着までに入ってくれれば......」という気持ちではいましたが、正直なところ、自信はまったくありませんでしたよ。

 それが、レースがスタートすると、一転して望みを抱き始めました。というのも、(18頭立ての)16番という外枠からスタートしたペプチドアマゾンが、1コーナーでうまくインの3番手に収まったんです。これを見て、3着までなら「チャンスはあるかも」と思いましたね。その後も、スムーズに運んで、最後の直線では先頭争いに加わってきたんです。

 直線ではまさに横一線の叩き合い。ペプチドアマゾンの脚も衰えることなく、残り200mを切っても先頭を争っていました。さすがに残り100mあたりで、外から追い込んできた1着キズナと2着エピファネイアにはかわされてしまったのですが、とにかく僕が注目していたのは3着争い。最後は、内で逃げ粘るアポロソニックと、外から迫る皐月賞馬ロゴタイプの間にいる、ペプチドアマゾンしか見ていませんでした。

 これには、力が入りましたね。内のアポロソニックはすでにかわした感があったので、あとは外のロゴタイプを抑えるだけ。そうして、ロゴタイプが伸び切れずに、ペプチドアマゾンをかわせないでいるのを見て、「これは、当たった!」と確信しましたね。ペプチドアマゾンの複勝をはじめ、1着キズナ、2着エピファネイアとの三連複、三連単まで「すべて的中した!」と。

 その際にはもう、いろいろなことを考えましたよ。「当たったら、配当はいくらになるんだろう(※)」とか、「スポーツ紙に載せた予想が的中して、話題になるかな」とか(笑)。
※的中した場合の複勝は、10.8〜18.3倍。三連複は、205.3倍。三連単は、579.2倍だった。

 しかしゴール直前、てっきり「かわした」と思っていたアポロソニックが、まだ内で粘っていたんです。残り100mくらいからずっとペプチドアマゾンのほうが前に出ていたはずなのに、ゴールの瞬間だけ、アポロソニックがグッと差し返してくるのが見えたんです。

 微妙な決着でした。僕は、競馬場でこのレースを見ていたのですが、スタンドが勝ったキズナへの声援で盛り上がる中、3着争いがどうなったのか、それだけが気がかりでソワソワしていました。オーロラビジョンに、レースが再生されるまでの時間が心なしか長く感じられましたね。

 そして、レースが再生され、ゴール前のスローモーションが流れると、僕は凝視しました。タッ、タッ、タッ......画面がゆっくりと移り変わっていくと、"悪夢"が待っていました。ゴール前でアポロソニックの鼻先が出ているのが、はっきりとわかりました。その瞬間は、ただただショックでした。まさしく、がっくりと肩を落としましたね。

 実はこの日、僕はテレビの取材も受けていたんです。数日後に福永祐一騎手との対談企画が予定されていて、その一環として、僕がレースを観戦する様子も撮影していたんです。がっくりと肩を落とす姿も、バッチリ撮られていましたね。後日、放送された番組では、福永騎手が騎乗していたエピファネイアが2着に敗れて悔しがっている、という体(てい)になっていましたが(笑)。

 春のクラシックと言えば、このとんでもない悔しさを味わった、2013の日本ダービーが何より印象的。こうやって話をしているだけでも、またあのときの痛恨の思いがよみがえってきますからね。

 さて、今年のダービーはどうなのか。これから、細かく前哨戦を精査して、検討していきたいと思います。まあ、そうは言っても、なかなか当たらないんですけどね(笑)。

【プロフィール】
渡辺 明(わたなべ・あきら)
1984年4月23日生まれ。東京都出身。プロ将棋棋士。15歳でプロ入りすると、数々のタイトルを獲得した。なかでも「竜王戦」については、2004年〜2012年に9連覇を達成。史上初となる「永世竜王」の資格も取得している。現在は、「棋王」のタイトルを保持。競馬には愛着が深く、馬券とともに一口馬主としても何頭かの競走馬に出資している。

河合力●構成 text by Kawai Chikara