映画の枠を超えて4姉妹の日常を写し取った写真集(c)2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

写真拡大

是枝裕和監督のメガホンで、吉田秋生氏の人気漫画を実写映画化する「海街diary」の写真集が発売されることが決定した。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが演じる4姉妹の姿を収めた写真3点が、発売に先駆け公開された。

カンヌ国際映画祭コンペティション部門への出品が決定した本作は、祖母の残した鎌倉の家で暮らす幸(綾瀬)、佳乃(長澤)、千佳(夏帆)の3姉妹が、長い間会っていなかった父親の“忘れ形見”である異母妹のすず(広瀬)を迎え、4人で共同生活を送る様子を通して、清新でリアルな家族の絆を描く。オールカラーの写真集には、縁側で昼寝をする4姉妹の姿や、長女・幸が四女・すずの髪を切る様子など、本編にはないシーンも収録され、映画の枠を超えた4姉妹の日常が104ページにわたって写し出される。

是枝監督の前作「そして父になる」で初めて撮影監督に挑戦した写真家の瀧本幹也が、本作でも引き続き撮影を担当。写真集は、その瀧本が映画の製作過程で記録した写真で構成され、女優陣のみずみずしい演技と鎌倉の四季折々の風景が織り成すかけがえのない時間が、本編と同様に余すところなく収められた。

ブックデザインは、映画のアートディレクターを務めた森本千絵が手がけた。あざやかなライトブルーの“海街カラー”が印象的な表紙には、本書のために染色した布地を使用するなど、贅沢なつくりの装丁となっている。

写真集「海街diary」(青幻舎出版/税抜き価格3200円)は5月22日発売。映画は6月13日から全国公開。

■関連記事
是枝裕和監督最新作「海街diary」がカンヌ映画祭コンペ出品決定!
綾瀬×長澤×夏帆×すずの誠実な眼差しをとらえた「海街diary」劇中カット独占入手!
是枝裕和監督作「海街diary」心の琴線に触れる珠玉の予告が完成!
「海街diary」劇中シーンの一部が明らかに!特報第2弾が公開
是枝裕和監督が語る「海街diary」の奥深さ、そして撮影でつかんだ手応え