「アンジェリカ(仮題)」の一場面画像提供:クレストインターナショナル

写真拡大

4月2日に106歳で死去した、ポルトガルのマノエル・デ・オリベイラ監督が2010年に発表した「アンジェリカ(仮題)」がクレストインターナショナルの配給で日本公開することが決定した。2015年の公開を目指す。

同作は世界最高齢の映画監督として知られたオリベイラ監督が、101歳のときに発表したミステリアスなファンタジー。第63回カンヌ国際映画祭ある視点部門オープニング作品として上映された。

ポルトガルの小さな街で、青年イサクはある富豪の家族から、亡くなったばかりの美しき娘アンジェリカの最後の写真撮影を依頼される。ファインダー越しの娘が、突然イサクに向かって笑いかけたその日から、毎晩イサクの夢にアンジェリカが現れるようになる。

「アンジェリカ(仮題)」はBunkamura ル・シネマほか全国公開予定。

■関連記事
マノエル・デ・オリベイラ監督作品一覧
106歳、世界最高齢の映画監督 マノエル・デ・オリベイラ監督が死去
世界最高齢のオリべイラ監督新作予告公開 モロー、カルディナーレら名女優が登場
世界最高齢オリベイラ監督、100歳の誕生日に撮影した新作公開へ
映画配給会社エプコットが破産、負債約21億円