ジェニファー・ガーナーPhoto by Larry Busacca/Getty Images Entertainment

写真拡大

ケビン・スペイシーが主演する新作コメディ「Nine Lives(原題)」に、ジェニファー・ガーナーが出演すると米Deadlineが報じた。

「アダムス・ファミリー」「メン・イン・ブラック」のバリー・ソネンフェルド監督がメガホンをとる同作は、ワーカホリックなビジネスマン(スペイシー)が事故に遭い、家族で飼っている猫の中に魂が閉じ込められてしまうというストーリー。ほかに、クリストファー・ウォーケン、ロビー・アメルの出演が決定している。

ガーナーが近年出演した長編映画は「ダラス・バイヤーズクラブ」「ドラフト・デイ」など。アル・パチーノと共演した新作「ダニー・コリンズ(原題)」は、老いぼれロッカーが40年前に書かれたジョン・レノンからの手紙を見つけ、人生を見つめ直す物語で今秋、日本公開の予定。

■関連記事
ケビン・スペイシー主演の新作コメディにクリストファー・ウォーケン
ジェニファー・ガーナー、男性ストリップクラブのドラマをプロデュース
ケビン・コスナーがブチ切れ!「ドラフト・デイ」本編映像が公開
ケビン・スペイシー、バリー・ソネンフェルド監督のコメディに主演
テレビ版「エクスペンダブルズ」制作へ! 新旧のテレビアクションスター集結か