圧倒的なスケールで描かれる巨人たち
 - (C) 2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 (C) 諫山創/講談社

写真拡大

 全世界累計発行部数5,000万部を突破した諫山創の大ヒットコミックを、三浦春馬主演、前後編2部作で実写化した映画『進撃の巨人』の最新映像となる予告編が公開された。

 人を捕食する謎の巨人とそれに対抗する人類の戦いを描いた本作。先月19日に公開された特報映像では一部のキャラクターの姿しか映されていなかったが、今回公開された約90秒の予告編では、エレン役の三浦、ミカサ役の水原希子、アルミン役の本郷奏多のほか、長谷川博己、三浦貴大、桜庭ななみ、ピエール瀧、石原さとみ、國村隼ら豪華キャストが総出演。圧倒的なスケールで描かれる巨人たちが人類に襲い掛かる。

 前編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は8月1日より、後編『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD』は9月19日より全国東宝系にて公開。『のぼうの城』の樋口真嗣監督がメガホンを取り、『GANTZ』シリーズなどの渡辺雄介と映画評論家の町山智浩が脚本を手掛ける。(編集部・中山雄一朗)