4月特集 春競馬、クライマックス(11)

 3歳牡馬クラシックの第1弾となる皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)。今年の牡馬クラシック戦線は、長らく混戦模様と見られてきたが、決戦直前の時点では、どうやら「3強の争い」といったムードにある。

「3強」とは、サトノクラウン(牡3歳/父マルジュ)、リアルスティール(牡3歳/父ディープインパクト)、ドゥラメンテ(牡3歳/父キングカメハメハ)のことだ。

 サトノクラウンは、これまで3戦3勝。この世代の牡馬で唯一、重賞レースを2勝している。リアルスティールは、わずか2戦目でGIII共同通信杯(2月15日/東京・芝1800m)を制した逸材であり、ドゥラメンテは母がGI2勝のアドマイヤグルーヴ、祖母が"女帝"エアグルーヴという日本屈指の良血馬。それぞれ、人気を集めるにふさわしいステイタスがある。

 とはいえ、この3頭が圧倒的に抜けた存在とは、決して言い切れない。なにしろ、3歳春のサラブレッドはまだまだ成長段階にあり、わずかな要素で結果が思わぬ方向に転んでもおかしくないからだ。先日行なわれた3歳牝馬クラシックの桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)でも、それは実証されたばかりである(※圧倒的1番人気のルージュバックが9着に惨敗)。

 まして、皐月賞の舞台となる中山・芝2000mは、コーナーが4つあって、最後の直線はわずか310mと短い"難コース"。成長途上の3歳馬が、このテクニカルなコースで戦うとなれば、伏兵の台頭も十分にあり得るのではないだろうか。

 実際、過去10年の皐月賞を振り返ってみても、単勝6番人気以下の伏兵が3勝も挙げている。ならば、その3頭をヒントにして、今回逆転の可能性を秘める馬を浮き彫りにしていきたい。

 過去10年の皐月賞において、単勝6番人気以下で勝利した馬は、以下のとおりである。

◆2006年=メイショウサムソン(6番人気=単勝1450円)
◆2007年=ヴィクトリー(7番人気=単勝1730円)
◆2008年=キャプテントゥーレ(7番人気=単勝1710円)

 奇しくも、3年連続で伏兵が台頭した皐月賞。そのレースを振り返ると、明らかな共通点を見つけることができる。それは、勝ち馬が3頭とも、先団でレースを運んだことだった。

 メイショウサムソンは、最終コーナー3番手から抜け出して勝利。ヴィクトリーは2コーナーで先頭に立つ形になると、そのまま押し切った。そしてキャプテントゥーレは、好スタートからハナに立って逃げ切り勝ちを収めた。

 中山競馬場のコース形態から、やはり金星を挙げるのは、前に行ける馬。逆転候補は今回も、逃げ馬、もしくは先行馬からピックアップすべきだろう。ただし、前に行ければどの馬でもいい、というわけではない。皐月賞で先行して押し切るには、それなりの底力が必要となる。その証拠に、前述の3頭は底力を裏づけるだけの"実績"があった。

 まず、メイショウサムソンとヴィクトリーは、前哨戦をきっちり勝利。メイショウサムソンはGIIスプリングS(中山・芝1800m)、ヴィクトリーは若葉S(阪神・芝2000m)と、それぞれ皐月賞トライアルを快勝して本番に臨んでいるのだ。

 皐月賞の出走権がかかったレースを勝つには、馬の地力がなければできないこと。事実、メイショウサムソンは、その後の日本ダービー(東京・芝2400m)まで制している。にもかかわらず、評価が上がらなかったのは、おそらく2頭とも、強烈な末脚を生かすような、派手な存在ではなかったからだろう。その分、「人気の盲点」になったと言える。

 そして今年も、前走で白星を挙げて底力を示しながらも、ややインパクトに欠ける存在で、「人気の盲点」になりそうな先行馬がいる。ミュゼエイリアン(牡3歳/父スクリーンヒーロー)である。

 前走のGIII毎日杯(3月28日/阪神・芝1800m)を勝って、皐月賞の最終切符を手にしたミュゼエイリアン。2着とはわずかに「ハナ差」だったものの、一緒に先行していたライバルたちが崩れる中、同馬だけが最後まで粘り通した。その底力は高く評価できる。皐月賞でもうまく先行できれば、毎日杯の再現を果たしてもおかしくない。

 さらにもう一頭、同じパターンで浮上するのが、スピリッツミノル(牡3歳/父ディープスカイ)だ。初勝利までに8戦を要した同馬だが、その後は、逃げのスタイルで目下3連勝中。前走では、オープンのすみれS(3月1日/阪神・芝2200m)を逃げ切っている。

 これまでは相手のレベルが低かった可能性もあるが、それでも3連勝というのは、簡単には実現できないもの。また、すみれSで3着に退けたワンダーアツレッタ(牡3歳/父エンパイアメーカー)がその後、若葉Sで2着に入って皐月賞の出走権を獲得。スピリッツミノルにも力があることを証明した。展開さえ向けば、大駆けがあっても不思議ではない。

 一方、2008年に波乱を演出したキャプテントゥーレは、前述の2頭と違って、直前のGII弥生賞(中山・芝2000m)では4着と敗れている。しかし同馬は、2歳時にGIIデイリー杯2歳S(京都・芝1600m)を制覇。GI朝日杯フューチュリティS(以下、朝日杯FS。中山・芝1600m)でも3着と健闘していた。同馬も一定の底力を過去に示しており、本番では展開の助けが加わって、栄冠につながったと言える。

 要するに、重賞を勝つだけの力を持っていて、なおかつ先行馬有利の流れになれば、たとえ前走で振るわなかったとしても、チャンスがある、ということだ。そういう意味では、前走の弥生賞(7着)では敗れたものの、GIIホープフルS(2014年12月28日/中山・芝2000m)を完勝したシャイニングレイ(牡3歳/父ディープインパクト)が、タイプ的には最も望みがあった。しかし同馬は、この中間に一頓挫あって、残念ながら皐月賞出走は回避となってしまった。

 代わって浮上するのは、クラリティスカイ(牡3歳/父クロフネ)と、ベルラップ(牡3歳/父ハーツクライ)だ。いずれも弥生賞で惨敗し(クラリティスカイ=6着、ベルラップ=9着)、今回は人気が下がるだろうが、ともに重賞勝ち馬であることを忘れてはいけない。クラリティスカイは新設重賞のいちょうS(2014年10月11日/東京・芝1600m)を、ベルラップはGIII京都2歳S(2014年11月29日/京都・芝2000m)を勝って、底力があるのは実証済み。スムーズに先行すれば、一発の可能性は十分にある。

 おまけに、クラリティスカイにいたっては、朝日杯FS(2014年12月21日/阪神・芝1600m)で3着と好走。この点は、キャプテントゥーレの臨戦過程と極めて似ている。いちょうSのような先行策をとったうえで、すべてがかみ合えば、キャプテントゥーレと同様に、思わぬ"幸運"が待っているかもしれない。

 桜花賞でも波乱の火付け役になったのは、逃げ、先行馬だった。皐月賞でも同様のことは起こりうる。「競馬に絶対はない」という言葉を改めて痛感させられた今こそ、"穴馬"で勝負してみるのも一興ではないだろうか。

河合力●文 text by Kawai Chikara