飲むだけで痩せ体質に!?「褐色脂肪細胞」を活性化させる身近な飲み物3つ

写真拡大

沢山食べても太らない痩せ体質。女子なら誰でも憧れますよね。私たちの身体には、食べたものを脂肪として蓄積する「白色脂肪細胞(はくしょくしぼうさいぼう)」と、食べたものをエネルギーに変えて熱を生み出す「褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)」の2つがあり、この「褐色脂肪細胞」の働きが活発な人に、痩せ体質が多いと言われています。そんな「褐色脂肪細胞」の働きを活性化させるには「ミントティ」、「シナモコーヒー」、「ジンジャーティ」などを飲むと効果的なようですよ。

■毎日飲んで!「褐色脂肪細胞」を活性化する飲み物3つ

(1)ミントティ

褐色脂肪細胞は寒さや冷たさなどの寒冷刺激によって活性化するのですが、ミントに含まれる「メントール」には寒冷刺激と同様の効果があるのだとか。
また、ミントには消化器の筋肉をリラックスさせる働きがあり、腸の正常な働きをサポートする効果もあるそう。便秘がちで太りやすい方にはおすすめ。

(2)シナモンコーヒー

シナモンの香り成分「シンナムアルデヒド」にはミント同様、褐色脂肪細胞を活性化させることがわかっています。
また、コーヒーに含まれるカフェインには交感神経を刺激して、褐色脂肪細胞の中で熱を生み出すタンパク質「UCP1」を増やす働きがあります。
さらに、ポリフェノールのひとつである「コーヒークロロゲン酸」が蓄積された脂肪を分解・燃焼しやすくしてくれるので、「シンナムアルデヒド」と「カフェイン」、「コーヒークロロゲン酸」のトリプル効果で脂肪燃焼をサポートします。
毎日のコーヒーには、シナモンパウダーなどを入れる習慣をつけてみて!

(3)ジンジャーティ

冷え対策のイメージが強い生姜ですが、生姜の辛味成分「ジンゲロール」、「ショウガオール」、「バラドール」、「ジンゲロン」が交感神経を刺激して、褐色脂肪細胞を活性化することがわかっています。
また、生姜を加熱乾燥することで増えるショウガオールとジンゲロンには、既に蓄積された糖や脂肪の燃焼を促して熱を生産し体温を上げる効果があります。冷え取りだけでなくダイエットのためにも、加熱乾燥して作られたジンジャーティがおすすめです。


無理なく飲めるものだからこそ、毎日続けて「褐色脂肪細胞」を活性化させ、痩せ体質に近づきたいですね!

(岩田麻奈未)

【あわせて読みたい】
美しく痩せる秘密を公開!ダイエットに必須のビューティー食材3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」
・OVER30代がバレバレ!?「腰周りの肉」ダイエットのヨガポーズ
・くびれに必要な「締める・引き上げる・ねじる」って?
・大人はシルエットにもこだわりたい!なで肩&いかり肩のOK服・NG服

【参考】
※脂肪細胞について - 金沢市医師会
※褐色脂肪組織でのエネルギー消費と食品成分による活性化 - 斉藤昌之
※便秘外来☆コラム - 松生クリニック
※ペパーミント - わかさ生活
※コーヒークロロゲン酸 脂肪消費のはたらき - 花王
※2015年5月号『日経ヘルス』(日経BP社)