4月特集 春競馬、クライマックス(8)

【皐月賞「3強」の勝算(1)サトノクラウン編】

 4月19日に行なわれるGI皐月賞(中山・芝2000m)。3歳牡馬によるクラシック第1弾は、今年も多彩なメンバーがそろった。なかでも、目下の最有力候補となるのは、3戦3勝のサトノクラウン(牡3歳/父マルジュ)だろう。

 サトノクラウンは、昨年の2歳新馬(2014年10月25日/東京・芝1800m)でデビュー。スローペースとなった一戦を快勝すると、早くも2戦目で重賞に挑戦し、素質馬が集結したGIII東京スポーツ杯2歳S(以下、東スポ杯2歳S。2014年11月24日/東京・芝1800m)に駒を進めた。

 最内1番枠からスタートした同馬は、直線で他馬に囲まれる厳しい状況になったものの、わずかな隙間を縫って勝利。たぐいまれな闘争心を見せつけて、クラシック候補の一頭に名を連ねた。

 そして圧巻だったのは、年明け初戦となったGII弥生賞(3月8日/中山・芝2000m)。中団を追走したサトノクラウンは、初体験となる右回りや中山の急坂をものともせず、他馬を寄せつけない完勝劇を演じてみせた。このパフォーマンスにより、クラシックの「有力候補」から、確固たる「主役」になったのだった。

 全3戦で見せた能力はもちろん、何より頼もしいのは、レースセンスの良さ。いかなるペース、条件にも対応し、狭い進路にもひるまない。3戦それぞれ異なる展開を難なくこなして、結果を出した。過去2戦で手綱をとった福永祐一騎手(※皐月賞はルメール騎手が騎乗)も、弥生賞のあとに「操作性が高くて乗りやすい」とコメント。折り合い面で騎手を悩ませることもなく、若駒らしからぬ優等生ぶりを見せつけている。
 
 しかし、サトノクラウン自身の性格は、そういった優等生のイメージとは少し違うようだ。そして、その性格こそが、この馬の強さにつながっていると言える。

 デビュー前のサトノクラウンが鍛錬を積んでいたノーザンファーム空港牧場(北海道苫小牧市)。同馬を担当していた犬伏健太調教主任は、当時を振り返りながら、サトノクラウンの性格をこう語った。

「普段扱っているときは、結構ワガママな面がありましたね。自己主張が強いというか......。決して真面目なタイプではありませんでした(笑)。走らせてみても、最初のうちはフワフワしたり、物見をしたりして、集中力がなかったですね。ただ、調教のペースが上がって馬が集中すると、動きが良くなって、スタッフの評価も上がっていったんです」

 競馬での従順なイメージとは異なる、サトノクラウンの素顔。実はレースにおいても、その性格を見せたことが一度ある。東スポ杯2歳Sのスタート直前だ。

 ゲートに入ったサトノクラウンは、暴れるかのように、何度も大きく立ち上がった。それを見た犬伏氏は、昔と変わらないワガママな姿に「やりやがったな、という思いでした」と苦笑いしたという。

 それでも、ゲートが開くとサトノクラウンは無事にスタートを切り、前述のとおりに白星をもぎ取った。ゲート内で暴れたのは、平静を失って取り乱したわけではなく、あくまで自己主張のひとつだったのだろう。
 
 デビュー後も気の強さは変わらないサトノクラウンだが、犬伏氏は「それがメリットになっているかもしれない」という。

「これまでの3戦は、どれも異なるレース展開でした。それに対応できたのは、あの馬の持つ性格のおかげかもしれません。気が強くて図太いからこそ、いろいろな変化に動じない気がするんです。また、弥生賞の前は、サトノクラウンの血統背景から『もしかすると、2000mは少し長いかも......』と思っていました。それが、あの勝ち方ですからね。こちら(牧場)でも見せていた図太さや、いい意味での集中力のなさが、レース中の無駄な消耗を抑えて、距離への対応を可能にしているのかもしれません」

 サトノクラウンは、姉にイギリスのGIを制したライトニングパール(牝/父マルジュ)がいる良血馬。ただし、姉の制したGIは1200mのスプリント戦で、その他の勝利も1400m以下に集中している。この姉と同じ血統構成のサトノクラウンは、短距離タイプの可能性があったが、2000m戦も苦にせず完勝。それが実現できたのも、道中で力まない性格がプラスに働いたからなのかもしれない。

 そんなサトノクラウンを所有するのは、里見治オーナー。高額馬や良血馬など、多数の競走馬を所有してきた里見氏だが、これまでGIのタイトルにはどうしても手が届かなかった。犬伏氏は、「オーナーのためにも、なんとかサトノクラウンには勝ってもらいたい」と、力を込める。

「里見オーナーには、本当にお世話になってきました。私たちの牧場はもちろん、競馬界全体に貢献してくださっているオーナーですからね。サトノクラウンでGIを獲ってもらえれば、本当にうれしい限りです。もちろん、クラシックは厳しい戦いになりますし、馬にとっても負担がかかると思います。ですが、サトノクラウンの持つ気の強さが生かされれば、きっと乗り越えてくれると信じています」

 日本競馬界では、広く知られる里見オーナー。生産牧場であるノーザンファームはもちろん、他の牧場からも「今回は、サトノクラウンに勝ってもらいたい」という声が聞こえてくるという。初のGIタイトルがクラシックの舞台となれば、オーナーにとってこれほど喜ばしいことはないだろう。

 環境の変化にも動じない"強心臓"を持つサトノクラウン。クラシックという大舞台では、その特性がよりアドバンテージになるはずだ。オーナーの悲願を背負って、まずは一冠奪取へ駆け抜ける。

河合力●文 text by Kawai Chikara