ハリウッド大作の主人公声優に抜てき!
 - (C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

写真拡大

 ダンス&ボーカルユニット、EXILEのAKIRAが、ハリウッド大作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で映画声優デビューを果たすことが明らかになった。最強のアウトロー・ヒーロー、主人公マックスの日本語吹き替えを担当するAKIRAは、「ハリウッド超大作の主人公の役をいただいたことにうれしさでいっぱい」と喜びを語り、「誰もが持つ強い男への憧れそして共感を感じております。新たなヒーロー像をどう演じるか、今はただ興奮しています」と意気込んでいる。

 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の壮絶な復讐(ふくしゅう)劇を描いたアクション超大作『マッドマックス』シリーズ第4弾。愛する者を奪われた主人公マックス(トム・ハーディ)と“最凶”の敵との戦いを活写する。AKIRAは「まずは世界観のヤバさとカッコ良さにシビれます。そしてライブ感みなぎるアクション、特に若い世代の方々には熱狂してほしい」と呼び掛けた。

 また、“最凶”の敵ジョーの日本語吹き替えは、実写映画初声優となる竹内力が務め、「ずっと見続けていたぜ、『マッドマックス』! よし、思いっきり暴れてやろうじゃねえか!」と気合い十分。そして、ジョーの一団の最強ファイター・エレクトスを、初声優のプロレスラー、真壁刀義が担当する。(編集部・小松芙未)

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は6月20日より全国公開