真実がゆがめられる国で起こった殺人事件(C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

トム・ハーディ、ゲイリー・オールドマン、ノオミ・ラパスの共演、リドリー・スコット製作で人気ミステリー小説を映画化した「Child44」が、「チャイルド44 森に消えた子供たち」の邦題で7月に劇場公開される。

原作は、2009年の「このミステリーがすごい!」海外編で1位を獲得したトム・ロブ・スミス氏のミステリー小説。アクション映画「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ監督が、ロン・ハワード監督作「身代金」の脚本家リチャード・プライスとともに、ソ連で発生した事件に着想を得たミステリーの実写化に挑んだ。

1953年、スターリン政権下のソ連で児童連続殺人事件が発生。子どもたちは、全裸で胃が摘出された変死体となって発見されるが、「殺人は国家が掲げる思想に反する」ことから事故として処理されてしまう。親友の息子の死をきっかけに、事件解明に乗り出した秘密警察の捜査官レオは、事件に迫るなかで追われる身となり、妻ライーサもスパイ容疑がかけられる。

ハーディが国家に逆らってでも真実を追う主人公レオ、オールドマンが捜査に協力する謎の警察署長ネステロフ将軍、ラパスが妻ライーサを演じている。あわせてお披露目された場面写真では、レオがライーサを守ろうとする緊迫の場面を切り取った。ほかにジョエル・キナマン、パディ・コンシダイン、ジェイソン・クラーク、バンサン・カッセルらが出演。

「チャイルド44 森に消えた子供たち」は、7月から東京・有楽町のTOHOシネマズ みゆき座ほか全国で公開。

■関連記事
トム・ハーディ主演「チャイルド44」、2015年4月の全米公開が決定
トム・ハーディ主演「チャイルド44」原作者の最新小説が映画化へ
「チャイルド44」降板のシーモア・ホフマン代役にバンサン・カッセル
ゲイリー・オールドマン、映画版「チャイルド44」に出演
トム・ハーディ&ノオミ・ラパス、映画版「チャイルド44」に主演か