イタリア映画「サスペリア」写真:AFLO

写真拡大

フランスのテレビ制作会社Atlantiqueとイタリアの制作会社Cattleyaがタッグを組み、イタリア映画「サスペリア」と「続・荒野の用心棒」をベースにした英語版テレビシリーズを制作すると、米ハリウッド・レポーターが報じた。

今回のテレビ版「サスペリア」は、ダリオ・アルジェント監督の傑作ホラー「サスペリア」(1977)の下敷きとなった小説「深き淵よりの嘆息」の作者であるトマス・ド・クインシーを主人公に設定したリ・イマジニング。19世紀のローマとロンドンを舞台に、ド・クインシーがシャーロック・ホームズのような探偵となって、超常的な事件の謎を追う。1時間×全12話からなるシリーズで、アルジェント監督がスーパーバイザーを務める。

一方、1966年のマカロニウェスタン「続・荒野の用心棒」(セルジオ・コルブッチ監督)は、フランコ・ネロ扮するガンマンのジャンゴが主人公で、クエンティン・タランティーノ監督作「ジャンゴ 繋がれざる者」(2012)のインスピレーションとなった作品としても知られる。テレビ版の詳細は不明だが、同じく1時間×全12話から構成される。いずれもキャストは未定。

■関連記事
ダリオ・アルジェント新作クリスマスホラー、主演はイギー・ポップ!
シャルロット・ゲンズブールがアーシア・アルジェントと再タッグ
ロブ・ゾンビ新作は殺人ピエロ映画! クラウドファンディングで始動
「エスター」主演子役、リメイク版「サスペリア」の主役に抜てき
ホラー秘宝まつり、7月開催!新作&「サスペリア」「マーターズ」など傑作登場