ボディにもブースターを。3ステップで叶える冬のしっとりもちもち肌の作り方

写真拡大 (全7枚)

つい手を抜いてしまいがちなボディケア。お風呂上がりのお肌は急速に乾燥が進んでしまうため、素早いケアが必要です。ブースターとして使うボディオイル、潤い補給のボディ化粧水、保湿力を高めるボディクリームを使用した3ステップのボディケアで、乾燥しらずのしっとりもちもち肌を作る方法と、おすすめアイテムを紹介します。

フェイスのスキンケアは抜かりなくおこなうのに、ついつい手を抜いて、忘れてしまいがちなボディケア。ボディケアに使うアイテムも、ボディクリームを特に乾燥が気になる箇所に何となく塗るのみ…といったことが多いと思います。

しかし、ボディも、スキンケアと同様にしっかりとお手入れをすることで、変化を実感することができるのです。

今回は、3ステップのじっくりケアによって乾燥しがちな冬のお肌をしっとりもちもちに変える方法を、おすすめのアイテムと共に紹介します。

お風呂上がりにまずオイル。ブースター効果で潤いの浸透を高める3ステップのボディケア

どんなにゆっくりとお風呂に浸かっていても、お風呂上りのお肌は、急速に乾燥が進んでしまいます。そのため、お風呂上がりのボディケアは、浴室から出てすぐにおこなうと良いです。

3ステップでじっくりおこなう、おすすめのボディケア方法を紹介します。

ステップ1

タオルで身体の水分を軽くふき取り、まだ少ししっとりしているお肌の上にボディオイルをなじませる。

ステップ2

オイルのブースター効果(のちに使うアイテムの浸透を高めること)でなめらかに潤ったお肌にボディ化粧水をつける。

ステップ3

潤いで満たされたお肌にボディクリームを重ね、保湿力を高める。

この3ステップを毎日続けていくと、乾燥しらずのしっとりもちもち肌を叶えることができます。ポイントは、マッサージをしながらボディオイルを全身にしっかりと使って、浸透させていくことです。

お肌がすこやかに潤うボディオイル2選

ステップ1で紹介したボディオイルのおすすめアイテムを紹介します。

ボディオイルは、シンプルに使用できる香りの無いものから、魅力的な香りがするものまで幅広く販売されているので、自身の好みに合わせて選んでみて下さい。

無印良品 ホホバオイル(200ml/税込2,490円)

出典:GODMake.

無印良品の名品と言えるオイルシリーズから、特におすすめのオイルがこちらのホホバオイル。ホホバの種子から搾ったオイルを精製したもので、とてもサラッとしたテクスチャーで、お肌なじみとのびが良いのが特長です。

ポンプタイプで使いやすく、無香料・無着色のシンプルで上質なオイルです。お肌になじませると、スーッと浸透し、なめらかで柔らかいお肌に導いてくれます。

L’OCCITANE(ロクシタン) シア ザ・オイル(100ml/税込5,390円)

出典:GODMake.

シアの木の実から抽出されたオイルと、3つの植物オイルが配合されたこちらのオイルは、保湿力に優れ、しっかりと浸透していきます。ベビーパウダーのようなふんわりした香りに癒されながら、潤いのヴェールに包まれたように優しく潤うオイルです。

サラッとしたテクスチャーで、優しく香るタイプなので、オイルが苦手な方も使いやすいです。

お肌に潤いを巡らせるボディ化粧水2選

次に、ステップ2で紹介したボディ化粧水のおすすめアイテムを紹介します。今回は、プチプラでありながらとても高品質な化粧水をピックアップしています。

ボディのみでなく、もちろんフェイス用としても使うことができ、1本あるだけで様々な使い方ができるおすすめ化粧水です。

菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿(500ml/税込924円)

出典:GODMake.

お肌に潤いを与えて、コンディションを整える日本酒(菊正宗の純米吟醸酒)が配合されているほか、保湿効果の高いアミノ酸とセラミドが加わった弱酸性の化粧水です。なんと、一升瓶(1,800ml)のアミノ酸をこの1本に凝縮させているのだそうです。

少しとろみのあるテクスチャーで、全身が気持ちよく潤い、もちもちのお肌に導いてくれます。日本酒の香りがほんのりしますが、強く香ることはなく、爽やかですっきりした使い心地です。

無印良品 ハーバル化粧水・高保湿タイプ(200ml/税込1,790円)

出典:GODMake.

岩手県釜石の天然水を使用したシリーズで、有機農法で育てた国産植物を使用した8種類のエキスとアロエベラ液汁が配合されています。とろみのあるテクスチャーで、お肌に優しくなじみ、すこやかに潤う化粧水です。

爽やかなハーブの香りに癒されながらボディケアができるところもおすすめです。

お肌の保湿力をグンと高めるボディクリーム2選

最後に、ステップ3で紹介したボディクリームのおすすめアイテムを紹介します。

ボディクリームは様々なブランドから多くの種類のものが発売されており、どれを選んだら良いのか分からなくなってしまいますよね。今回は、うっとりするような香りが特長のボディクリームを2つ紹介します。

TOCCA(トッカ) ボディーケアローション ジュリエッタの香り(266ml/税込3,850円)

出典:GODMake.

保湿成分としてスイートアーモンド、ハチミツ、シアバターが配合されたボディクリームです。「ボディケアローション」という名称ですが、保湿力が高く、しっとりした使い心地です。

潤いをとじこめ、ふんわりもちもちのお肌をはぐくみます。「ジュリエッタ」は、ピンクチューリップとグリーンアップルの甘く爽やかな香り。この香りに包まれたままゆっくり眠りにつきたくなる、心から癒されるアイテムです。

Beaute de Sae(ボーテ デュ サエ) ボディミルク ペアベリー(230ml/税込4,290円)

出典:GODMake.

米ぬか、シアバター、ホホバ、セサミ、オリーブなどのオイルを主な成分としたボディミルクです。「ボディミルク」という名称ですが、ボディクリームのようにコクがあり、まろやかな使用感です。

ビタミンEなどの栄養素が入っており、乾燥によるダメージをしっかりケアすることができます。お肌の潤いを守り高め、柔らかなお肌に整えるアイテムです。

冬におこなう毎日のボディケアで、お肌を優しく労わろう。

3ステップで叶える冬のしっとりもちもち肌の作り方とおすすめアイテム、参考になりましたでしょうか?

素肌を見せない季節だからこそ、今のうちにしっかりとケアをして、薄着の季節が思わず楽しみになるようなボディ目指していきましょう。