足元でブラジル・レアルの下落が加速し、17日には一時1米ドル=3.28ブラジル・レアルをつけるなど、対米ドルで2003年4月以来の安値水準となりました。ブラジルでは、経済の停滞懸念が強まっている一方、今年、2期目をスタートさせたルセフ政権が財政規律の維持に向け緊縮財政へと舵を切り、市場の信頼回復に努めようとしています。ところが、国営石油会社に絡む汚職疑惑を巡り、連立与党所属の上下両院議長を含む国会議員までが捜