大阪・泉南地域の石綿工場での地域・家族ぐるみのアスベスト被害に対し国の責任を問う大阪泉南アスベスト国家賠償請求訴訟の最高裁判決を1週間後に控え、原告団・弁護団は2日、参院議員会館で集会を開きました。会場いっぱいの300人が参加し、「最高裁勝利と早期全面解決を」と決意を固めました。同訴訟は、1陣大阪高裁判決(2011年)が「産業発展が優先する」と原告の訴えを棄却する一方、2陣大阪高裁判決(201