5月29日に日用品製造の「白元」が、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。白元は社歴90年以上を数える老舗企業。「ミセスロイド」、「アイスノン」を始め多くのヒット商品を連発したが、2013年には売上高が激減。収益性の低いカイロ事業を売却するなど経営改善に勤めていたが、力及ばず今回の措置となった。白元の創業は1923年。樟脳やナフタリンを原料とする防虫剤を売り始めると、これが大ヒット。1951年には蛍光塗料の白元を