日本の未来を左右する東京都知事選が、ますますヒートアップしている。「自公が推す舛添要一(元厚労相)陣営と、"影の主役"小泉純一郎・元首相が旗振り役を務める細川護熙(元首相)陣営ががっぷり四つ。熾烈な戦いを演じています」(全国紙政治部記者)この都知事選、いまや単なる首長選びの域を超え、安倍晋三政権の命運を握る選挙になろうとしている。その理由は、いつの間にか争点になった原発問題にある。舛添氏を