改正高年齢者雇用安定法が施行され、これから65歳まで働く人も増えていくだろうが、もちろん、厚生年金の被保険者期間である70歳まで働けば、その分、さらに報酬比例部分は増えることになる。もちろん、65歳以降も正社員として厚生年金に加入して働けば、「在職老齢年金」が適用され、給与と年金の合計が一定の上限額を超えれば、年金額がカットされる。しかし、65歳未満はその上限額が28万円だったが、65歳以上の場合はそれが