この時、小沢艦隊が米ハルゼー艦隊を北方へ引き付ける“おとり作戦”を見事成功させており、栗田艦隊が敵輸送船団の集結するレイテ湾へ突入する準備が整っていた。ところが栗田艦隊は、レイテ湾への突入を中止したのである。栗田長官は、突如として艦隊を反転させ、ブルネイへ引き返してしまったのだ。これは大東亜戦争最大の謎の一つである。その理由はこれまで謎とされてきたが、深井氏の証言により、「大和」の艦橋内部の様子は