「素直に石原を支援する気持ちにはなれない」そう無念の胸の内を漏らしているのが自民党の谷垣禎一・総裁だ。なにしろ総理の座を目前にしながら、“平成の明智光秀”こと石原伸晃・幹事長の裏切りで総裁選出馬断念に追い込まれたのだから心中穏やかではないのは当然だろう。自民党の60年近い歴史の中で2人目の「総理になれなかった総裁」の不名誉な称号を受けることになった。もっとも、自民党にはこういう場合の救済ポスト