4月13日、連続不審死事件で男性3人の殺人罪などに問われていた木嶋佳苗被告(37才)に死刑判決が下された。100日にわたった木嶋佳苗被告(37才)の公判全36回をほぼすべて傍聴し、死刑判決の瞬間を見届けたコラムニストの北原みのりさんは、法廷に似つかわしくない木嶋被告のファッションに注目する。北原さんの法廷メモにはこう書き残されている。1月11日、第2回公判<大きく胸の開いた淡いピンクのツインニット姿>1月13日、