日本政府は中国・四川大地震の被災者救援のため、自衛隊機を派遣する方針を決めた。国際緊急救助隊を派遣した際には、中国国内での日本の評価が急上昇、ネット上でも「中日友好」といった好意的な書き込みが相次いだが、今回は状況が異なるようだ。自衛隊への警戒感が強いのか、一転して「ありえない!そんなの要らないよ」「どうして自衛隊で来る必要があるんだ?」といった拒否反応が相次いでいる。