今年に入ってから"ネットカフェ難民"という言葉をよく耳にするようになりました。住む家や定職を持たず、日雇い派遣などで生計を立て、24時間営業のネットカフェを寝ぐらとする人たちのことを指し、現代社会が生み出した"ひずみ"を象徴する言葉です。ネットカフェ難民問題は、日本社会の雇用問題にも大きく関わる事柄で、誰もが他人事と笑ってすませられるものではありません。いつ、自分の身に降りかかるか分からないのです。今回