中学時代の軟式、硬式は関係ない県内のみならず、関西圏の選手も多く受け入れている福井工大福井では、毎学年40人を超える選手が入学してくる。それだけたくさんの中学生を迎え入れるにあたり、指導者も迎え入れる選手には様々な着眼点を置いて見ている。母校・大阪桐蔭で長いコーチ経験も持つ田中公隆監督は、どこに重きを置いて中学生の一挙一動を見ているのだろうか。「ありきたりですけれど、まずは足の速い子、肩の強い子は目