火災後のノートルダム大聖堂に専門家が警鐘 強風で倒壊の危険性GIGAZINE(ギガジン)

火災後のノートルダム大聖堂に専門家が警鐘 強風で倒壊の危険性

ざっくり言うと

  • 4月15日に発生した火災で、大きな被害を受けたパリのノートルダム大聖堂
  • 火災後の被害調査により、強度が大幅に下がっていることが判明した
  • 強風で倒壊してしまう危険性があると、専門家は警鐘を鳴らしている

ランキング