野村ホールディングスの永井浩二CEOは24日、「東証改革」の有識者懇談会でグループ企業、野村総研のメンバーが懇談会の内容を野村証券ストラテジスト→証券営業部門→一部顧客に漏洩した事実を認め、謝罪会見をした。断罪されて然るべき。だが件の漏洩問題との因果関係は分からないが、「東証改革論」が独り歩きのスピードを加速させていることは事実である。とりわけ「東証1部上場企業の指定区分」論が、かまびすしい。【こちら