京都大学情報学研究科の川上浩司・特定教授NEWSポストセブン

「お菓子は300円まで」だからこそ良い?制限が与える利益を研究

ざっくり言うと

  • 不便だからこそ得られる利益「不便益」なるものを研究する川上浩司氏
  • 例えば遠足のお菓子は「300円まで」だからこそ、選択の楽しみを生むという
  • あえてバリアフリーに逆行する施設を高齢者に使わせ老化を防止する考え方も

ランキング