iPhoneのSiriなど、音声アシスタントの利用が、女性差別を助長し固定化している、との報告書をUNESCO(国際連合教育科学文化機関)が発表しました。音声が女性であることが「女性は従属的な存在」というジェンダーバイアスにつながると指摘しています。ユーザーの横柄な命令にも従順な「女性」アシスタントUNESCOのジェンダーバランスに関する研究グループ「EQUALS」が公開した報告書のタイトル「I’d blush if I could(私