「阪神3−2ヤクルト」(22日、甲子園球場)阪神が糸井嘉男外野手の勝ち越し適時打で本拠地・甲子園で連勝を決めた。ヤクルトは7連敗となった。同点の七回。阪神は先頭の代打・上本が遊ゴロに打ち取られたが、悪送球で二塁に進んだ。近本が犠打を成功させて1死三塁。糸原は遊撃への飛球に倒れたが、続く糸井が好機を生かした。超人の一打に4番・大山も奮起。2ストライクからの3球目、144キロ直球を左前へはじき