教師が「聖職者」と崇められていたのも今は昔。近年は学校のブラック化が加速し、’17年に心の病で休職した全国の公立小中高校などの教師は5077人にのぼる。教師の側からの学級崩壊が進行中だ。◆うつ病者5千人超で残業代未払いも“教死”の受難時代が到来していた教育学者の内田良氏は、そもそも教職の給与体系自体がブラックな体質を内包していると指摘する。「公立の小中学校で働く教員には、『給特法』という法律が適用さ