政府は深刻な人手不足など経営環境の変化を踏まえ、新しいロボット政策を立案する。多様な働き方に対応するため、遠隔操作が可能なアバター(分身)ロボットの社会実装(社会的課題の解決)を促す政策を検討するなど、五つの論点で有識者が議論する。中国や欧州では産業育成が進み、起業や産学連携が活発化している。政府は社会変革に応じた政策を設計して国際競争力の強化を後押しする。今夏の成長戦略への反映を目指す。政府