原発事故後に捕れた福島県の魚。食べる、食べないと悩む人は少なくないと思う。現地の漁業関係者にストレートに聞くと、どちらが正しいとはいえない。矛盾を持っても良いと思っていると話されていた。苦悩がにじみ出ている。話は、福島県漁業協同組合連合会会長の野崎哲さん。福島原発震災情報連絡センター主催による「福島いわきスタディツアー」の研修で伺った。同センターは、原発震災による放射能汚染と被曝を強制される