スペイン紙が“白い巨人”の不名誉なシーズンを総括レアル・マドリードは現地時間19日、リーガ・エスパニョーラ最終節でベティスと対戦し、0-2で敗れて今シーズンのラストゲームを黒星で終えることとなった。スペイン紙「AS」は、4シーズンぶりに主要タイトルを獲得できなかったレアルの今季を振り返り、不名誉な6つの記録を紹介している。まず1つ目は、バルセロナとの距離が大きく離れたこと。過去10年、UEFAチャンピオンズリ