キャッシュレスソリューションを提供するNIPPON Platform(以下、ニッポンプラットフォーム)は、 千葉県印西市の曹洞宗大雄山東祥寺(以下、東祥寺)と事業連携協定を締結した。「お寺のキャッシュレス化」でインバウンドへの対応強化を目指す狙い。 左から、中村廣教住職、NIPPON Platform菱木信介氏550余年の歴史ある寺院である東祥寺は、成田国際空港から東京方面へ約20kmと交通の便が良く、数多くの訪日外国人観光客の