ドイツ・バイエルン地方で見つかった新種の恐竜「アルクモナビス・ポッシェリ」の翼の化石(2017年撮影、2019年5月15日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB NewsAFPBB News

カラスのように羽ばたきしていた新種の恐竜 ドイツで化石発見

ざっくり言うと

  • カラスのように羽ばたきしていた新種の飛行恐竜の化石がドイツで見つかった
  • 研究チームは、この新種恐竜を「アルクモナビス・ポッシェリ」と命名
  • 鳥類が爬虫類の祖先からどう進化したか、重要な手掛かりとなる可能性がある

ランキング