ゴールデンウィークも明けて、いよいよ「令和時代」本番を迎える。新時代に心機一転、といきたいのは山々だが、懸念もある。それは、筆者も含めた30代以上の世代は、ふた昔前の「昭和世代」と呼ばれてしまうことだ。何が問題なのか。かつて、昭和中期生まれが「昭和ヒト桁」「戦中戦後生まれ」と目上を揶揄したように、今は私たち昭和生まれが“古臭い”対象としてバカにされる機会が増えないのか。いや、男なら「俺らおじさん