【サンフランシスコAFP時事】米サンフランシスコ市議会は14日、警察や政府機関による顔認証技術の利用を禁じる条例案を可決した。市民の権利や自由を守るのが狙いで、成立すれば米国内で最初の「顔認証禁止都市」となる。条例は「この技術は人種的な不公平を増幅し、政府の監視なしに生きる自由を脅かす」と指摘。市議会は賛成8、反対1で可決した。2度目の採決が来週行われるが、結果は変わらぬ見通し。