暴対法が施行されて以降、ヤクザと親密にみえる写真が発覚したら大問題となる現在だが、それでも政治家はヤクザとの関わりを斬り捨てられない。ノンフィクション作家の溝口敦氏とフリーライターの鈴木智彦氏が、なぜ政治家はヤクザとの関わりを絶てないのかについて語り合った。(文中一部敬称略)鈴木:2006年に勃発して14人の死者が出た九州誠道会と道仁会の抗争(*)の時に、抗争で死んだ組員の葬式に行ったら、普通に地元議